口腔内写真の重要性 - 宮城県 白石市 清原歯科医院



宮城県白石市の痛くない歯医者さん。清原歯科医院 歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・受付求人募集

namerogo.gif

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



〒989-0229 宮城県白石市銚子ヶ森10-39
ご予約は0224-25-1030まで

口腔内写真の重要性

多くの患者さんがいろいろな悩みをお持ちの状態で来院され、一つ一つをきちんと改善して、健康な口腔状態になっております。しかし、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言うことわざがありますが、徐々に改善していく歯周組織の状態を客観的に比較し御理解して頂くのに、レントゲン写真は当然のことながら、口腔内写真(デジカメで撮影)も重要な資料になります。いくら文章で保存していても、歯肉の色や形態、表面性状などを視覚的に再現することは不可能です。しかし、口腔内写真があれば、誰がみてもご自分の口腔状態がどのように変化したかは、一目瞭然です。写真はごまかしようがありません。

レントゲン写真・口腔内写真とも、以前の状態がどのようであったのか永続的に当医院のコンピューターに保存致しまして、いつでも御本人に提示できるシステムを整え、長期的にアドバイスできるホームドクターとしての体制を確立しております。臨床経過を真摯に見つめることは、臨床医にとって最も大切な姿勢です。

データの収集は、患者さんにとりましても、医院にとりましても、【宝物】だと思っております。(大げさではありませんよ。ほんとにです。)

でも、写真撮影に抵抗のある患者さんは、御遠慮なく申し出て下さいね。
治療の主役は患者さんです!

なお、当医院におきましては個人情報保護法施行以前から徹底してまいりました事項ですが、画像をはじめ全ての個人情報使用目的を問わずに患者さんご本人の許可なく院長はじめスタッフが使用することは一切ございませんのでご安心下さい。